M's Publishingの
子どもの英語指導者セミナーの特徴

英語指導を始めてみたい方、新規英語クラスを開設されたい方、既に指導されている方でエムズパブリッシングのワークブックの使い方を知りたい方に向けて、セミナーを開催しております。
効果的な使い方や情報交換など、新たな発見が盛りだくさんのセミナーです。

M's WORKBOOKシリーズ

Grammarシリーズ

母語の獲得には3段階があります。言葉の発見(音には意味がある)→単語の発見(物事を指し示している)→文法の発見(一定のルールに基づいて話される)。 このプロセスから分かるように語彙→文法という流れは言語獲得には欠かせません。ではどのような文法教材であれば小さな学習者でもわかりやすく、しかも文法本来の働きをする「コミュニケーションの土台となる道具」となるのか。 そこで着眼したのが英語における「動詞」の重要性。ESL教材における文法の本はたくさんあります。しかしその中で「動詞」に着目できたのは「日本語」との大きな差異によるものです。

Word Builderシリーズ

語彙の学習が語学学習の基本であるにも関わらず語彙学習を目的にした幼児〜小学生向けの紙面教材はほとんど存在しません。それは「語彙」という無味乾燥なものを楽しく、飽きさせずに学習させることは紙面という限界からとても難しいからです。今ではたくさんのデジタル教材で語彙学習できますが、デジタル教材と紙ベースの学習での効果については全く同じではないでしょう。その点では子どもの語彙学習に必要とされるシリーズです。

English Presentationsシリーズ

ESLの学習者にとって最も難しいハードルは「自己表現スキル」。言語という壁の為に自由な表現ができず、挙句には自分の意見まで捻じ曲げてしまう大人たちが散見されます。本シリーズは、そのハードルを軽く超えていくための「クリティカル・シンキング」と「プレゼンテーション」というスキルを、幼児期から徹底的に養っていくものです。「コミュニケーション・スキル」を本当に追い求める弊社ならではの他には類を見ない画期的なシリーズと言えます。

Stepシリーズ

アルファベットとフォニックスの教材はたくさんあります。しかし、子どもの発達年齢に合わせて文字の大きさ、アクティビティ、導入単語を変え、7冊の本をシリーズ化して発行している例が他にあるでしょうか?「学習者の目線に合わせた教材制作」という弊社の理念に基づいて出版されたM’s WORKBOOK最初のシリーズです。

Notebookシリーズ

ドットをつけて小さな子どもでも字間隔の視覚化がしやすいノートブック、ライティングワークのための切り取りつき3行日記ノートブック、年度表記のない宿題や出席簿を兼ねた連絡帳など弊社のノートブックシリーズは着眼点が一味違います。

講師紹介

  • Mamie Ito

    伊藤 真美江

    「2001年4月「生きた英語を学ぶ幼児・児童のための英語教室」エムズ英会話を群馬県高崎市に開校。
    17年の英語教室での指導・運営で、現在は高崎市2校・前橋市1校の3教室。
    また、2005年9月 M's Work Bookシリーズ STEP1出版。(株)ネリーズでの販売開始。
    エムズオリジナルワークブックは有名私立小学校でも導入されています。

  • Ashley Vanstone

    アシュリー ヴァンストン

    ニュージーランド出身 エムズ英会話にて指導歴5年。
    幼児部門の責任者として幼児のべ6000人に英語指導を行ってきた。
    その経験から幼児に最も効果的な指導について研究を重ね、現在その分野でマスターを取得中。
    エムズパブリッシング新刊「English Presentation starter」の製作者。

  • Kelsey Zinninger

    ケルシー ジンニンガー

    アメリカ出身 子どもの指導に10年以上のキャリアを持つ。
    アメリカと日本の両方で子どもの指導に当たった経験から学び方の違いに着目。
    子どもたちによりオープンに正直に自分の意見を英語でも日本語でも表現させることを指導者としての目標としている。

2020 SEMINAR SCHEDULE

2020年2月8日・SAT

小学生から高校生の指導者を対象に、英語教材出版社エムズパブリッシングとトライアログで合同でセミナーを開催いたします。

●開催会場 株式会社ネリーズ東京本社2F会議室
●参加費 無料 ※要事前申込 
●定員 50名
特典 当日セミナー内でご紹介する教材が20%オフ!
                        

会場のご案内